講師・コンサルタント 森憲一

ドラマネ勉強会において、私がどのような指導、ファシリテートをしているのか。 どれほど立派な話をしているのかと聞かれることがよくあります。

しかし残念ながら、本当に普通の話をしています。これは決して謙虚に申し上げているわけでもないのです。
 この勉強会を立ち上げる前から、私は様々な企業内にて、こうした勉強会を開催しておりました。それは先に中川さんとの挨拶にあった通りですが、その頃からずっと、変わらずに私が伝え続けていることは、ただ3つ。それは、

「ちゃんと知る」こと。 「魅せる」こと。 「誰にでもドラマがある」ということ。 これだけです。

Read More

阪井和男氏 Kazuo Sakai
顧問・審査員長

東京理科大学理学部物理学科卒、同大学院修士過程物理学専攻を経て博士課程を退学。ソフトハウスに勤務し理学博士号を取得。サイエンスライターを経て明治大学法学部専任講師、教授を歴任。明治大学サービス創新研究所所長、社会イノベーション・デザイン研究所副所長等を兼任。ドラッカー学会代表理事。人・組織・社会の情報学など、経営学から死生学まで多岐にわたる研究をテーマとしている。

戸田博人氏 Hiroto Toda
顧問・審査員

株式会社富士通ラーニングメディアナレッジサービス事業本部、特定非営利活動法人日本e-Learning学会理事、熊本大学大学院社会文化科学研究科、教授システム学専攻客員教授、明治大学サービス創新研究所客員教授、一般社団法人教育システム情報学会社員。

審査員

境 健一郎氏

経済誌記者として1500人以上の経営者を取材、また書籍編集長として数々のヒット作を出版。1980年35歳のとき、㈱かんき出版の社長としてスカウトされ、出版事業と社員教育事業の出版社へと成長させる。2010年、社長在任30年を期に勇退。2017年、最高顧問を引退。現在、コトづくり研究会代表。そのほか数社の社外取締役、監査役を務める。

新城 洋一氏

戦後の成長期に千葉県を中心に数々のホテルを創業。5軒目となる「ホテル・ザ・マンハッタン(海浜幕張)」は、高級ホテルの草分けとして国内5ツ星ホテルがモデルとするなど、業界に大きな影響を与えた。また、アメリカの全国紙(USAトゥデイ)が報じたことで世界中のさらなる注目を集めた。ホテルマンとして日本のパイオニア的存在として知られている一方で、(社)日本ホテル協会等、数々の団体役職に従事している。

菅原 勇一郎氏

立教大学経済学部経営学科を卒業後、富士銀行、流通マーケティング会社を経て、平成9年に株式会社玉子屋 常務取締役として入社、平成16年に同代表取締役社長に就任。「カンブリア宮殿」等メディアに多数取り上げられ、独自の経営手法は米国スタンフォード大学の大学院生が視察に訪れるなど注目。平成20年に「ハイ・サービス日本300選」第2回受賞企業に選出される。

井坂 康志氏

1972年埼玉県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、東京大学大学院人文社会系研究科博士過程単位取得退学。ドラッカー学会理事・事務局長、ものつくり大学特別客員教授。著書に、『ドラッカー入門 新版』(ダイヤモンド社、上田惇夫氏と共著)『ドラッカー流「フィードバック」手帳』(かんき出版)等。

佐藤 尊徳氏

明治大学卒業後、株式会社経済界に入社し、創業者佐藤正忠氏の随行秘書に就く。雑誌・経済界の編集長も務め、各界の著名人のインタビューで見聞を広めると共に、ネットワークを構築。平成25年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立。電子雑誌「政経電論」を創刊。総理大臣をはじめとする政治家、経営者、著名人ら社会に影響を持つ人物を数多く取材し、政治経済を独自の視点でわかりやすく解説している。

吉川 宗男氏

ハワイ大学名誉教授、IMGS国際メンターシップ大学院大学学長、専門分野は人間学(出会いの哲学)、人間関係論、リーダーシップ論。日本企業のみならず、多国籍企業で人材育成、リーダーシップ研修などにも携わっている。著書は「出会いを哲学する」「文化摩擦解消のいとぐち」など。アルバート・シュバイツアー賞、ハワイ大学最優秀ティーチング賞受賞。哲学博士。