会社の目指す未来を、社長と社員が一緒に目指す

ドラマティック・マネジメントアワードは、そんな社長の夢を実現するための仕組みです。

社長
ドラマティック・マネジメントアワード(以下、ドラマネ)が始まったのは、2011年のことです。
ドラマネとは、会社の掲げる目標以上の「高い高い目標」を追いかけるための勉強会です(そこには様々な理由があります) 。
社長の戦略に合わせて代表メンバーを選出し、異業種で学び合いをします。その中で、素晴らしいプロセス・成果を生んだチームが、大舞台でプレゼンをする。参加メンバーにとっての「憧れのステージ」があることも大きな特徴です。


「社員さんを預けていただければ、必ず成果を出します!」
私たちが宣言した通り、第1回勉強会から圧倒的な成果が生まれました。

しかしです。翌年以降も成果を出し続けている会社は…となると、違いました。
成果を出し続けている会社、強く優しい会社へと変化成長し続けている会社は、しっかりと社長が関わっていた会社。 たとえ数千人規模の会社であっても社長が寄り添い、全力でサポートしている。そんなチームだけだったのです。

社長

その時、自分たちは間違えていたと反省しました。
確かにドラマネ勉強会は、多くのチームに大きな業績数字の変化が見られます。 でも、参加されている社長たちが求めているのは、そこではなかったのです。

社長
「もっとお客様を見よう!」 「もっと社内を一丸としよう!仲良くなろう!」
もっともっといい会社にしよう!…と動き始める社員達。積極的に自分の所へとやって来て、想いを語り合い、課題と向き合う。社内に自分の想い・描く未来が伝わっていく…。ワサワサと音を立てるように雰囲気が変わっていくその社内。この体感が一番嬉しいんだと、社長たちは口を揃えて仰っていました。


皆さんは、社員と一緒に涙を流したことはありますか?
一緒に目標に向かっていると実感して仕事をしていますか?

キレイゴトに聞こえるかもしれませんが、 私たちの仕事、私たちが目指す姿は社長と社員が一丸となって同じ方向を見て、目的に向かう。一緒に笑って、一緒に涙をする会社を増やすことです。
社長

大変なことだと思うかもしれませんが、会社は必ず変わります!
条件はたった一つです。社長が本気でそんな会社を望み、本気で寄り添うこと。安易に結果に結びつかなくても諦めないこと。それだけです。
私たちと一緒に、そんな会社を目指しませんか?


ドラマネプロデューサー 森貴子

2018年壇上チーム紹介

ドラマティック・マネジメントアワード2018「ドラマネとは何か?」

勉強会講師 森憲一

ドラマネで一番大切にしていることは、「知ること」です。なぜなら、知ることは「世界を変える」からです。

「知ること」は、世界を変える。
私たちの「物事の見え方」を変えるのです。
今日のプレゼンでも様々な事例が登場しました。

仲間の想い、社長の想いを知ること。
お客様を知ること。
様々な人たちのドラマ、物語を知ることで、世界はよりリアルで魅力的に変わるのです。
ドラマネというマネジメント方法はたくさんあります。
ドラマネ参加企業が、チームで成果を目指すための手法もたくさんあります。
ドラマネでは、阪井先生や戸田先生をはじめ、様々な方達の支援を頂いて、試行錯誤しながら来年度もまた、新たなチャレンジをたくさん始めます。
ですが今日、私がこの場を借りてお伝えすることはたった一つです。
ドラマネで一番大切にしていること、「知ること」です。

自分が働いている会社のこと
一緒に働いている仲間のこと
商品を買ってくれているお客様のこと
ちゃんと知っていますか?

社員だけではありません。
社長だって同じです。
社員一人ひとりのこと、ちゃんと知っていますか?

今日の社長たち、いい笑顔してたと思います。
私たちが目指すのは、今日みたいな笑顔です。

社員が仲間を知り、会社を知り、お客様を知り、社長を知る。
社長も、参加している社員たちと語り合い、応援することで、社員を知る。
その結果が今日の笑顔だと思います。

飲み会やプライベートで見せる笑顔も大事だけど、
「会社の目指す未来を、社長と社員が一緒に目指すこと」で生まれる笑顔、それが、ドラマネが目指す「笑顔」です。

創業した時、社長を引き継いだ時、多くの社長が夢や理想を描いていたと思います。
熱いチーム、一体感のある会社、みんなで喜び会える仲間…。

残念ながらその夢を諦めてしまっているように感じる社長もいます。

でも…
諦めて欲しくない!
心からそう思います。
今日みたいな笑顔が生まれる瞬間は、必ず来る。
そう、信じてほしいと思います。

少なくとも私たちは絶対に諦めません。
よく社長から言われます。
「僕でも諦めそうになってるのに、森さん絶対諦めないもんね」って。

もしも、諦めかけているならば、もう一度、思い出してみてください。
かつて描いた夢や、理想の未来を。
私たちの使命は、社長の夢を応援し、一緒に未来を描くことです。
そしてドラマネは、そんな社長の夢を実現するための仕組みです。

ドラマに溢れる会社を目指して、私たちはこれからも走り続けてまいります。

(株)アーバンフューネスコーポレーション

東京都:葬祭業

半年間の成果:昨年対比164.5%

テーマ
一人のお客様、一件の問い合わせに、全員が全力で向かっていますか?

会社の電話が鳴る。
その瞬間を想像してください。
1本の電話。その先にいる人、

電話をかけているお客様を想像していますか?

「1件の問い合わせに、全員が全力で向き合う」

どんな仕事においても、
これが「当たり前」だとは分かっている。
しかし・・・

創業して間もない頃。
どの会社も、1件のお問い合わせに歓喜し、
一人のお客様に感謝し、お客様のために!と、
全力で向き合ってきた。

「弊社を選んでいただいて、ありがたい」
「私たちにできることは全力でやってあげたい」
常にその気持ちでお客様に臨んでいた…はず。

しかし、時が経ち、お客様も増え、会社が大きくなるにつれて、
創業時の「想い」が忘れられてしまう。
あなたは、あなたの会社はどうですか?


「100人のお客さま」も
「かけがえのない一人ひとりのお客様が、100名」。

だからこそ、全力で、全員で一人のお客様と向き合う。
当たり前のことかもしれないけど、
そんな会社であり続けることは、極めて難しい。

創業から13年。
業界でも注目され続ける気鋭の葬儀社。

毎年のように驚異的な成長を続けてきた彼らが、
初めて経験した挫折。
初の業績低下。苦しみもがき続けた2年間。

彼らが出した結論、
それは「原点回帰」。

ただ一人のお客様のために、
全員が全力で向き合っていた

「原点」に立ち返ることだった。

結果として彼らは、
昨年対比164.5%という大きな成長を遂げることができた。

なぜ彼らは成果を出すことが出来たのか?
如何にして彼らは「原点」に立ち返ることが出来たのか?

一丸となって駆け抜けた、彼らの180日間の軌跡を辿る!

○会社HP
https://www.urban-funes.jp/

バリオセキュア(株)

東京都:インターネットセキュリティ

半年間の成果:昨年対比198%

テーマ
自分の仕事だけでなく"会社全体の成果"を伸ばす。部署を超えて、皆んなでチャレンジできる会社への挑戦」

多くの会社では、
部署、または事業所ごとに、
それぞれがチーム目標を追いかけています。

しかし「他部署の」成果や、
そのプロセスを知る人など、
ほとんど存在しない。

あまり興味がある様子もない。まして
「他チームの達成」を喜び合うことなんて、
皆無に近い。

もしかすると、「会社の」業績向上を
皆で喜び合うことも、ないのかもしれない。

「それが、普通でしょ!?」
そう思う人もいると思います。

しかし、彼らは
そんな「普通から脱却」した。
高い壁を超えることに成功したのです。

自分の仕事だけでなく「会社全体の成果」を伸ばす。
部署を超えて、
皆んなでチャレンジできる会社への挑戦。

「他人事から自分事へ」
言うは易し、行うは難し。
彼らの挑戦は困難を極めました。

仲間たちの冷めた視線、
リーダーの戦線離脱、
目標達成の困難さ。
自社商品なのに他人事。
・・・彼らはもがき、苦しみ続けた。

しかし、彼らが半年後に達成した成果は、

なんと昨年対比約200%!

彼らはいかにして、
部署を超えて社内を巻き込み、
自分の仕事を超えて、
「会社全体の成果を喜び合える」ようになったのか?

創業18年のIT企業が、
大きな変革にチャレンジした180日間の軌跡。

その全貌がこの日、語られる!

○会社HP
https://www.variosecure.net/

ノアインドアステージ(株)

埼玉県:テニススクール運営

半年間の成果:
入会者数、スクール体験者数、昨対比150%超

テーマ
目標が、ノルマから、達成したい未来へと変わった理由

どんな会社にも、目標があります。
誰もが、会社の掲げた目標数値を追いかけている。
いや、「追いかけている」のではなく、
「追いかけられている」というようにも見える。

あなたはどちらでしょうか?

埼玉県さいたま市にあるテニススクール。
彼らはわずか半年間で、
数字に「追いかけられていたチーム」から、
一丸となって数字を「追いかけるチーム」へと
変わることに成功した。

生徒数の減少に悩み、
試行錯誤を繰り返しながらも成果には現れず。
苦しみながら勉強会に参加したのは、
今年の4月。

なんとかして目標を達成したいという想いはあったが、
頑張っても頑張っても成果は出ない。
想いとは反対に、受講生の「継続率」は下がっていく。
焦り、苦しみ、もがき続けた。

しかし半年後、
彼らは過去最高の継続率の達成に成功した!

9月・10月の入会者数、スクール体験者数は、
なんと、
昨年対比150%を超えるほどの成果を叩き出した。

一体なぜ、彼らはわずか半年間で
このような高い成果を出せるチームへと
成長できたのか?
一体、何をしたのか。

そしてなぜ、一丸となって、
高い高い目標達成に向かうチーム、
目標を「追いかけたい!」と思えるチームへと
変貌を遂げることができたのか?

○会社HP
https://noahis.com/

(株)スギヤマ・コーポレーション

静岡県:冠婚葬祭互助会

テーマ
あなたは、自社の商品に「自信」を持てていますか?

時代の変化は、商品価値を変えてしまう。
そんなことは分かっている。
このままではいけない。
昔のやり方でいいわけがない。

しかし、自社商品を改めて見直すことなく、
お客様が求めている価値を探求することなく、
考えることは「売り方」ばかり。
「売らなければ」という気持ちだけ強くなる。
いくら頑張っても業績は伸びない…。

お客様にとっても、社員にとっても
悲劇的なこの状況。
実は、こうした会社は非常に多い。

ある会社の研究調査では、
1000人の営業マンのうち44%が
「自社の商品に自信がない」と
答えたというデータもあるほど。
多くの会社がこのような状況に直面しているのです。

創業から約60年。
社員数1000名超。
地元での認知度は、極めて高い老舗企業。

この「成熟企業の変化」は、
非常に困難を伴う。

社内全体を巻き込み、
変革に向かうためには、
大きな時間と労力がかかる。
成功する可能性も保証されているわけでもない。

しかし、彼らは大きく変わった。
「このままじゃいけない!」
「変わらなければいけない!」
決意してから3年。

彼らは、3年前とは全く違う。
と断言しても過言ではない、
大きな大きな変貌を遂げた。

社内アンケートでも、
「3年前よりも自社商品に自信を持てるようになった」
と答えた人は、実に96%。

ほぼ全社員が
「自社商品に自信がある」ように変わったのだ。

では一体なぜ、彼らは変わることができたのか?
「売らなければ」から「売りたい!」へと
意識が変わったのか?

その「変化の軌跡」が、明らかになる!

○会社HP
http://www2.ainetgrp.co.jp/group/company.html

壇上チームプレゼンの振返り

勉強会講師 森憲一

壇上に選ばれた4チームは、どのような変化を遂げたのか?
勉強会で講師を務めた森憲一が彼らの半年間の活動、取り組みを解説します。

ねくさみから、ドラマネへ!

顧問・審査員 戸田博人

ねくさみ(ドラマネ)は、なぜ成果が出るのか?
ねくさみ(ドラマネ)では、参加者が何を学び、どのような気づきを得るのことができるのか?

映像で観ても、沢山の学びが得られる戸田先生のセミナー映像です!

戸田博人プロフィール:
株式会社富士通ラーニングメディアナレッジサービス事業本部、特定非営利活動法人日本e-Learning学会理事、熊本大学大学院社会文化科学研究科、教授システム学専攻客員教授、明治大学サービス創新研究所客員教授、一般社団法人教育システム情報学会社員。

ドラマネアワード2018「阪井先生の総括」

顧問・審査員長 阪井和男

ドラマティック・マネジメントアワード2018。
大会の総括として、審査委員長の阪井先生に総括を頂きました。

ドラマネの意義、ドラマネがもたらす価値について、アカデミックな視点でお話頂きました。

阪井和男プロフィール:
東京理科大学理学部物理学科卒、同大学院修士過程物理学専攻を経て博士課程を退学。ソフトハウスに勤務し理学博士号を取得。サイエンスライターを経て明治大学法学部専任講師、教授を歴任。明治大学サービス創新研究所所長、社会イノベーション・デザイン研究所副所長等を兼任。ドラッカー学会代表理事。人・組織・社会の情報学など、経営学から死生学まで多岐にわたる研究をテーマとしている。

ドラマティック・マネジメントアワード2018

エンディングVTR

ねくさみからドラマネへと名称が変わり、新たなるスタートを切った2018年本大会のエンディングVTRを公開します! 今年も数多くのドラマが生まれました。 仲間を知り、会社を知り、お客様を知る。 会社の目指す未来を、社長と社員が一緒に目指す。 そんな会社が世界中に広がるように! ドラマネは、そんな未来を目指す社長の夢を応援し続けます!!!

2017年壇上チーム紹介

(株)スギヤマコーポレーション

静岡県/冠婚葬祭互助会/1,000名

50年以上もの間、地元静岡で信頼され続けてきた老舗企業も、時代の流れに抗うことはできなかった。 地縁血縁関係が希薄になり、葬儀という儀式に対する価値は低下した。 価値の低下に伴い、かける費用も低下する。 これまでのような営業スタイルや商品構成では、顧客の心は動かせなくなってしまった。

これは、葬儀に限ったことではない。 これまでのように、「みんなが同じようなものを欲する」そんな時代は終焉を迎え、多様化した価値観、一人一人が欲する欲求に応え続ける努力なしには生き残れない、そんな時代に私たちは生きている。

彼らの挑戦、それは、これまで50年以上続けてきた営業スタイルや商品構成を変革し、全く新しいやり方、あり方を目指すという極めて困難な挑戦だった。 ベテラン社員や中堅社員にしてみれば、これまでの自分たちを否定するところから始めなければならない。 そんな180度転換とも言える大きな挑戦だったのだ。

葬儀という「モノ」を売るのではなく、 葬儀という「体験(コト)」を売る。

顧客の潜在ニーズを引き出し、顧客の「欲しい」をカタチにする。

人と人との繋がり、家族との繋がりの中に、生きる価値を見い出せるような、そんな体験としての葬儀を創造する。 積み上げてきた過去を超えようと必死にもがいた180日間で、彼らは希望の光を見出すことに成功した。

スライド

○会社HP
http://www2.ainetgrp.co.jp/group/company.html

ケーアールケープロデュース(株)

東京都/映像企画制作/199名

結婚式の映像制作・撮影の会社。 年間1万件の結婚式が行われる大手結婚式場。 そこで上映される映像関連を一手に担い、企画・制作している。

しかし、どんなに素晴らしい商品を企画・制作しても直接、新郎新婦に販売することはできない。

式場で働くプランナーさんが 「ぜひ売りたい!」「お客様にお勧めしたい!」 と思ってもらわない限りお蔵入りしてしまう。 つまり、B to B to Cのビジネスだ。

これまでは、どんなによい新商品を開発しても、初月は、たった3件ほどの受注。 しかし、今回の商品は10倍の31件を獲得した! とは言え、そこに至るまでは涙々の道のりだった。 取引先のリリース時期が遅れたことで、販売開始時期が予定より大幅に遅れ、トコトン落ち込み、悩み、苦しんだ。

しかし、気持ちを入れ替え、その分を「売りたいと思ってもらうための仕組みづくり」に、時間と労力をかけることにシフトチェンジ。 全支社130名以上の社員だけでなく、取引先のプランナーさん達にも応援されるまでの、ビッグウエーブを作った!今現在も数字は伸び続いている。

「B to B to C」にありがちな『待っている会社』から『相談される会社へ』と、見事に変革させたのだ。

スライド

○会社HP
https://krkproduce.co.jp/whats_krk/

日本印刷(株)

東京都/印刷業/135名

創業53年になる印刷会社。 ネット印刷の台頭やペーパーレス化に伴って、中小の印刷会社は非常に厳しい状況下に置かれている。 彼らも例外ではなかった。 そんな状況の中で、彼らが掲けた目標、それは、「販売件数(アイテム数)を伸ばすこと」だった。

新規のお客様を増やすことはもちろんだか、それ以上に彼らが目指したのは、「印刷は、弊社へ」から「何か困ったことかあれば、弊社へ」と、会社の存在価値を変えることたった。

そのために必要不可欠なのが、この変革に向けて社内を一枚岩にすることだった。 営業、生産の連携はもちろん、部署の壁を越え、一丸となること。 これこそが、彼らのネクサミ参加の目的であり、会社のミッションとなったのだ。

結果、昨年対比113%。 業界では驚異的とも言えるだろう。 従業員135人は、どのように動き出したのか。

スライド

○会社HP
http://www.npc-tyo.co.jp

(株)ナカジマプランニング

群馬県/業務用エアコン清掃/10名

社員はたった2名。 エアコンクリーニング事業を中心に群馬県で事業を展開している小さな会社だ。 彼らはこの半年間で、まさに「家業から企業」への一歩を踏み出すことに成功した。

どんな会社でも、歴史を重ね、規模が大きくなっていくにつれて、創業期のような輝きを失っていく。 未来を夢見て、ただただがむしゃらに走り続けたそんな日々を忘れていく。

しかし、会社の未来を見据え、必死になって駆け抜けた彼らの180日間の軌跡は、誰もが忘れてしまった「情熱」を、思い出させてくれる。

彼らの発表は、どんなに会社が成長しても忘れてはならない「何か」を、きっと思い出させてくれるはず。

スライド

○会社HP
http://nakajimaplan.com

(株)アーバンはるか

広島県/葬祭業/13名

東広島にある13名ほどの小さな葬儀社。 設立3年と若い会社に6名ほどの大学生がいる。 昼間は大学に通う、学生アルバイトだ。 ネクサミに参加する以前から、彼らは営業から葬儀に至るまでの全てを行っていた。今回は、そんな彼ら大学生による挑戦だった。

彼らが掲げた目標は、売上昨対400%! 4倍の数字を達成すると意気揚々に臨んだのだ。 勉強会で学んだことは、こちらの想像を遥かに越える勢いでやる!

「真のお客様の声を聞こう」と学べば、5人で2,700軒のお宅を訪問。また、13,000軒のポスティングをした後に、正しい開封率を知ろうと、一軒ずつ訪問し、お客様の本当の声を、とにかく聞き続けた。結果は…当然ながらスゴイ数字となった。

しかし、彼らの道のりは平坦ではなかった。 社会のこと、大人のことを知らない彼らは、真っ直ぐが故に、苦しんだ。 お客様からの信頼も増え、ファンも増え…と順調に進んでいるにもかかわらず、頑張るほどに、先輩社員達とはうまくいかない。

そんな彼らが、先輩たちにも愛され、応援され、社会人よりも社会人らしく成長していく姿にきっと心を打たれる人も多いだろう。

スライド

○会社HP
http://urban-haruka.jp

らせ

保護中: ドラマネ勉強会10月の動画を公開します!
保護中: ドラマネ勉強会10月の動画を公開します!

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

Read More

保護中: ドラマネ勉強会9月の動画を公開します!
保護中: ドラマネ勉強会9月の動画を公開します!

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

Read More

保護中: ドラマネ8月勉強会の動画を公開します!
保護中: ドラマネ8月勉強会の動画を公開します!

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

Read More