会社の未来を真剣に考える社員

ドラマネ

こんにちは、ドラマネの森貴子です。

2月9日の「第9期ドラマネ本大会」におきましては
たくさんのご声援をいただきまして、
本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

今、改めて9期参加メンバーを思い出しながら、
◆彼らの変化とは、なんだろうか?
◆彼らがドラマネの8ヶ月間で得た価値とは、なんだろうか?
そう考え、
私たちの中に思い浮かんだ言葉は、次のようなものでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
彼らは、自分のことや、自分の部署だけでなく、
 会社全体のこと、会社の未来について、真剣に考えるようになった
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年は特に、コロナ禍での勉強会ということもあり、
私たち自身も改めて、
「会社のことを考える従業員が一人でも増えること」の重要性を
特に、強く感じた一年でもありました。

今後も、いつ会社のピンチが来ないとも限りません。
そういう危機的状況の中でこそ、一丸となれる
「小さくても強い組織」を創る重要性を強く感じたのです。

ドラマネ勉強会の最大の魅力は、
『他者(他社)と学び合うこと』にあります。

それは、
子どもにとっての学習塾のような存在かもしれません。
他者と刺激し合うことが、自学の限度を超えてくれる。
10年前、ドラマネを創設した際にも、
ここまでの成果が出るとは想像していませんでした。

「もっと、会社を良くしよう!」
「もっと、会社のファンを増やしていこう!」と、
成長していく他者(他社)を見て、
お互いに刺激をし合って、会社の未来を考えていく。

ドラマネには、そんな
社会人的成長が、しっかりと見られるのです。

今後も、「会社の未来を考える従業員を輩出する文化」を
社内に根付かせるために、私たちも支援させていただきます。

社員と一緒に、熱い日々を過ごしたい社長の皆さま。
社内が一丸となって、会社の未来を考える組織を作りたい!
そんな社長の皆さまからのご連絡をお待ちしております。

第10期についても、いつでもご連絡・ご相談下さいませ。
(リモート参加についてもお問い合わせください)

一年間の流れ・参加費用


(年間予定と費用)

お問い合わせ


(お問い合わせフォーム)

感謝を込めて もりたかこ

PREVIOUS