リモートで成功させるコツ 【その1:Slackの活用】

ドラマネ

リモートで成功させるコツ
【その1:Slackの活用】

こんにちは、
ドラマネプロデューサーのもりたかこです。

今年は、こんな年だから・・と、
実は、昨年よりも参加企業数も増え、
大学とのコラボもガッツリと実現し開催しております。

そして6月、第9期勉強会の第1回は、
無事、リモートにて終了いたしました。

 

元々、コテコテコミュニケーションのドラマネ。
そんな私たちが、Zoomドラマネを開催するにあたり
このギャップを埋めるために様々なことを考えました。

ディスタンスや、換気を徹底しながら、
徐々にリアル勉強会へとシフトしていきますが、
またいつ、このリモートに戻るか分からないので、
備忘録も兼ねて、成功事例も失敗事例も、
一つずつご紹介させていただきます。

ご参考になれば幸いです。

 

【その1:Slackの活用】

ドラマネは、異業種他者が一緒に学び合う勉強会。

私たちは、勉強会前に全受講生とお会いしていますが、
受講生同士は、お互い「初めまして」です。

リアル開催でも、少し緊張感がある初回勉強会を
どうやって和らげ、かつ、メチャ盛り上げるのか!?

これが、大きな大きな課題でした。

コミュニケーションは、質よりも量!
とにかく数!数!数!

私たちはよく、
『60分1回よりも、1分60回のコミュニケーション』
と言っています。

https://www.youtube.com/watch?v=c4Dyp0RUNQU
(これは、たくさんのデータも存在する確かなものなのです)

 

そこで、
勉強会が始まる1ヶ月以上前から「Slack」を開設し、
第1回勉強会の前から、
受講生全員がコミュニケーションを取れる環境を作りました。

誰かがメッセージを入れたら、
短文でも良いので、メッセージを返す。
メッセージが渋滞しそうな時は、リアクションボタン!
Slackは、このリアクションボタンがありがたい。

とにかくとにかく、
ちゃんと見てるよ!皆んな見てるよ!一緒に頑張ろうね!
「一人じゃない」を『魅せる』ことです。

 

そしてまた、こちらからのメッセージも
ただ「伝える」ではなく
「伝わってる?」「大丈夫そう?」というように

あれ?返信したほうがいい?
リアクションした方がいい?

そう思ってもらうように、文章に小さな工夫をしています。

 

本日は
リモートで成功させるコツ その1
「Slackの活用」についてお話しさせていただきました。

もちろん、小さな工夫の積み重ねなので、
これだけではうまくいきませんね。

次回は「自己紹介シート」の活用をご紹介します。

 

ご質問や、メルマガで書いて欲しいことなどがありましたら
是非、こちらまでお寄せください。
お待ちしております。

info@doramane.com

フェイスブックでは、写真付きでご紹介しています。
よろしければ、ご参考になさってください。

https://www.facebook.com/doramaneaward/

 

感謝とエールを込めて

ドラマネプロデューサー もりたかこ

PREVIOUS